2008年12月07日

面接の心得

面接の心得

尼崎在住のビジネスマンブログです遊園地もうやだ〜(悲しい顔)
今日は大寒波が押し寄せ、外に行くことも
控えて私は一人家でこのブログの立ち上げ
を行うこととなりました。
妻と子供は保育所のバザーで楽しんでおります。わーい(嬉しい顔)
 さて最近不景気で帰りの電車もどことなく、くら〜い空気
が漂っています。まあ暗い顔をしているのは大人だけですがもうやだ〜(悲しい顔)
子供は元気です!元気を与えてくれます!そんなやけでくよくよ
していてもしょ〜がないので、これから就職、転職、アルバイト探し
など転機となる機会が多くなる人も増えるかと思います。そんな時
気軽に転職のなやみや、身近でいえばアルバイトの面接時にどのように
対応したら良いのかをアドバイス、ご相談できるようなブログを立ち上げて成功に導ければと思っております。
ただエキスパートではないので最終的には、その人自身の頑張りが必要になりますよ。カラオケ
てなわけで第1回目は面接の心得というテーマにしたいと思います。

まず、会社の面接でもアルバイトの面接を受ける際でもその前に履歴書の作成があります。
 私が履歴書を見る上で一番気にしているのは、「熱意のある丁寧な字体で作成」しているか、「写真がきちんと切られ、熱意のある顔で写っているか」です。
いづれにしても「熱意」というキーワードが一番大切になります。単なる腰掛けではなく、組織の中でうまく協力でき自分自身を成長してくれる人かどうかが重要になります。
 面接でも、自分自身の中から出している言葉かどうか、その人自身の個性をだしてくれた方が面接官も人間ですので親近感が沸きます。たかがアルバイトと思うのではなく組織の一任として基本的なルールをしっかり守った上で、信頼感を築いてくれる人を組織は好みます。
 あとはその人全体からでるオーラ、眼力(めぢから)です。生命力ともいいます。
 面接の心得としては、以上になりますがそれでも自信がないな〜という人は「面接ロープレ」を家族・友達としてみてくてください。面接のうまい人は場数がみんなよりも多い場合もあります。数をこなしてください。ビールビールビール

僕の面接失敗談がく〜(落胆した顔)は、自分の長所や短所など取り繕った言葉を事前に考え暗記本しようとしたあまり本番では何も言えなかったことがありました。
だれでも生きてきた中で夢中になった事が1つでもあります。それを一生懸命話すだけでも。その人の個性がでてよいかと思います。
 
このブログ読まれた方は、「面接での失敗談や」、「面接の心得」などお待ちしてますよ〜手(チョキ)手(チョキ)

ではこれからも宜しくexclamation


最後に私からお奨めの本
原田隆史著
「成功の教科書」
子供が読んでも大人が読んでも為になる
成功のための目標設定をわかりやすく書いた
本です。




【関連する記事】
posted by hide at 21:28| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。