2009年02月23日

初歩の初歩 転職での面接の心得

面接対策
<求められるスキルを明確にする>

@人材育成やマネジメント経験
A周りの方を巻き込みながら業務を進め、新しいアイディアを出して
企画を作り上げていく自走力
Bいかに業務をまわしていくかというディレクション力


 

<面接で聞かれる質問について>

「今後に対する気持ちの確認、熱意」
を伝える。

@今までの業務内容の確認
・・・今までの業務にどのように関わって来たか?

A志望動機・・・ここが一番重要です!なぜここなのか?
ここでどんなことがしたいのか

B今後どう成長していきたいのか?将来の目標をしっかり
持っていて、そこに向かって来ている人なのか、軸がぶれていないか
の確認です。

C自分の強み、弱み
・・・自分のことを客観的に見られる方かの確認

D印象に残った仕事・・・仕事の価値観や視野の広さの確認

総括して自分の体験、経験した考えから話しますが、うまく伝えようと
事前にまとめた内容を暗記したところで「熱意」というものは伝わりま
せんので、自分の場合は、自分の経験を実際に企業に入ってからどう
活かしていくのか、を具体的に説明できるようにしました。

転職活動されるかたは、ほとんどが年収のダウンを心配され、比較的
ポジションが高く、責任のある、年収の高い求人に申し込みをされると
思います。

履歴書の段階で落ちてしまうのは、自分の履歴書、職歴が客観的に
不足していたと判断したほうが良いかと思います。

書類が通過したのであればあとは、自信を持って、嘘偽りのない自分
でぶつかっていけば良いかと思います。

今のこのご時勢、高い給与を頂けるという
ことはそれだけ、高いポジションで、支持だ
けの管理者でなく、リーダーシップの発揮で
き行動力と創造力のある、人間力にすぐれ
た人格者だと思います。


 

posted by hide at 01:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。