2009年03月08日

野球とサッカー、監督の役割の違い【イチローから14点大勝!韓国コールド粉砕】

イチローから14点大勝!韓国コールド粉砕

今回のWBCを見ていて思いますが、選手の厚みもそうですが、やはり

原監督存在感が光っています。

実力主義の中で今調子の良い選手を適材適所で使うところがさすが、熱意
の中にも「分析力」が光っています。

決して監督が主張しすぎず、バッターボックス、ピッチャーマウンド、フィールド

にでれば選手を信じ見守る。

サッカーの監督と言えばどちらかというと監督の存在観が強すぎて、選手の主張

をなくしてしまう試合も中にはあるかと思います。

日本の野球の中にこそ、日本の会社組織の中で模倣できる部分があり、それが日本

独自の経営、ビジネスを構築していく要素であるかと思います。

「和の精神」=「組織力の中の実力主義」

実行するのはなかなか難しいですが。


ラベル:イチロー WBC
posted by hide at 13:30| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。