2009年03月15日

経済大国 ブラジル ・・・悲惨な事件も

9歳少女に中絶手術、医師を大司教が「破門」
…ブラジル

ブラジル-   海外で最大の日系社会。第2次ルーラ政権では、

経済成長率の上昇を最大の課題としている。

注目すべきは、資源国なので、原油高や米国のサブプライム

問題の影響をあまり受けていないこと
。主な資源は鉄鉱石です

が、昨年大油田が見つかり、今後は石油の輸出国にもなると

予想されています。

面積 851.2万平方キロメートル(日本の22.5倍)

人口 約1億8,390万人(2007年)

首都 ブラジリア
民族 欧州系(55%)、混血(38%)、その他(アフリカ系東洋系等)
言語 ポルトガル語
宗教 カトリック教徒約90%
元首 ルイース・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ大統領
(2007年1月就任、任期4年)
外務省 各国・地域情勢

階層社会になっていることがこの事件でうかがえます。

大都市を一歩でれば、下水施設もままならないダウン

タウンが続いているのでしょう。

だが、今回のサブプライムの影響をうけず成長を続けて

いるというのが興味がありますね。

【関連する記事】
posted by hide at 13:10| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。